センター試験1週間前の過ごし方 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 1月 7日 センター試験1週間前の過ごし方

こんにちは!担任助手2年の高橋です。

受験生のみなさん

ついに、センター試験1週間を切りましたね。

緊張しているみなさんに、今日は1週間前の過ごし方を紹介します!

1.試験当日と同じ生活リズムを

センター試験の日は何時開始か、何時に起きるか、もう把握していますか?

1番早い人(社会2科目の人)は9時半から試験が開始します。

つまり、その時間には頭を完全に使える状態にしておかなければいけません。さらに、着席時間はその約30分前なので、家を出る時間はもっと早くなります。

だから、試験当日の起きる時間に今から慣れ、本番の試験と同じ時間には頭をフル回転させる習慣をつけておきましょう。

リズムに慣れていると本番の緊張も緩和される上に、緊張していても本来の実力が発揮しやすくなります。

センター試験と全く同じ時間に過去問を解くこともおすすめです。

 

2.得意な科目を伸ばすのではなく、不得意な科目を勉強する。

センター試験直前になると、一週間でやらなくてはならないことが目の前に山積みになっていると思います。

そのままがむしゃらに勉強したとしても、効率よく点数を伸ばすことができません。

センター試験までの時間を考えると、今一番できない科目を勉強するのがオススメです。

理由は簡単ですが、できるものをより完璧にするよりも、今できないものを少しできるようにするほうが、

覚えなくてはならない知識量が少なくて済みます。

優先順位をつけて効率よく勉強しましょう。

 

3.体調管理を万全にする。

成績がいくら伸びても、当日に風邪を引いていたり、体調がよくなければ試験に集中することができずに

実力を100%発揮することができなくなってしまいます。

勉強の最後の詰め込みをするのも大事ですが、しっかり睡眠や食事をとって、体調を整えることも大事です。

しっかり準備をして当日を迎えましょう。

 

 

センター試験まで残りわずか、担任助手も、東進の環境もすべて使い倒して本番に臨んでください!

 

みんなの勝利を校舎からスタッフ一同応援しています。

頑張れ松戸校!!

東進ハイスクール松戸校は夢に向かって頑張る

高校生を応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽