受講を最大限活かす方法とは・・・? | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 3月 3日 受講を最大限活かす方法とは・・・?

 

こんにちは!

松戸校担任助手の津田です!

昨日はとても暖かかったですね!

3月に入ると同時にを感じられました。

さぁそんな3月ですが、これから受験を控える新高3生にはとても重要な月となります。

なぜだかわかりますか?

もうすでに聞いたことがある人も多いと思いますが、3月末までに主要科目を完成させることが合格の必要条件と言われているからです。

主要科目を完成させるには、受講やマスターを使ってインプットすることが大事ですが、修了判定テストや確認テストのようにアウトプットすることで問題を解く力が付きます。

「修判めんどくさいんですけど受けたほうがいいですか~」という質問や、「難しいからあとでやります」などの言葉をよく聞きますが、

絶対に最後の受講が終わったら一週間以内に修判は終わらせてください!

一週間以内に復習をしないと受講した内容をどうしても忘れてしまいますし、修判を先延ばしにして復習をしないとなると受講を受けた意味が全くなくなってしまいます!

せっかく受講を受けたのだから、最大限にその受講を活かすために、一週間以内に修判に取り組むことを実践してみて下さい!

自分は日本史を受験で使うので日本史の受講をしていたのですが、修判にものすごく苦労したのを覚えています。

でも、復習をすれば絶対に力になりますし、模試の点数も伸びました。

修判を敬遠せずに、やってあたりまえだと思って修判に取り組みましょう!

 

ということで本日は今日修判を初回合格した生徒を紹介したいと思います!

新高3生のK・Tくん!

彼は今日英語の講座の修判を一発で合格しました!

この調子で受講を進めて次回の修判もしっかりとSSで、そして模試で成績をグンと伸ばせることを期待しています!

 

みなさんも4月の模試に向けてこれからさらに努力量を上げていきましょう!

頑張れ!松戸校!!

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽