受験を越えて思ったこと。 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2017年 1月 29日 受験を越えて思ったこと。

こんにちは!

担任助手の影田です!

 いよいよ私大の試験も始まり、より一層雰囲気が引き締まってきましたね。

 昨日ある生徒から、「センターまで残り100日の日に影田さんから『あっという間で100日過ぎるよ。』

と言われたけど本当に一瞬だった。センターが終わって私大まで2週間あると思ったけど、もうあと5日になってしまった。早すぎます!」

と言われました。

本当にその通りだと思います。

受験が終わってから思うことはたくさん有りますが、一つは

受験に真摯に取り組んでいた期間は人生の中でも一番時間が進むのが早い時期だったということです。 

 そしてこの必死に、がむしゃらに頑張っていたこの期間が大きく人生を左右したなということです。

受験生のみんなはいま、不安とプレッシャーでいっぱいだと思います。

でも、最後まで諦めないで下さい。

最後まで諦めず、第一志望の受験会場に行った時、

「今までの自分はよく頑張った。絶対に周りの受験生よりもこの第一志望も為に努力した。だから大丈夫。」

と言えるぐらいここからまだまだ頑張って下さい。目の前の10分間で結果は変わります。

もし、不安で潰れそうになったらいつでも松戸校に来てください。

松戸校の担任助手がいくらでも話を聞きます。

頑張るんだぞ。

さて、一つ二つ学年が下の新高校3年生、新高校2年生のみんなにも、

伝えたいことの本質は変わりません。

・時間は思った以上にない。

・「受験会場に行った時に、堂々と出来る」位努力する。

この2点。に加えてもう1点。

・この時期に量をこなしておくこと

です。

勉強は

量×質

です。

量は今からでも増やせますが、質はある程度量を重ね、要領が分かる事によって向上します。

なのでこの時期に量をこなす。ことはこれから受験までのすべての期間の質を向上させる事を意味するのです。

私がいつもみんなにガミガミ言っているのはこの為なんですよね。

まずは4月までに量をこなす事!

これが重要です。

と、ここで頑張っている松戸校の生徒を紹介したいと思います!

開館時に登校し、部活の午後練の前に一コマ受講したH・Sくんです!