英語千題テストが行われました!! | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 3月 26日 英語千題テストが行われました!!

こんにちは、大橋です。

昨日は新学年直前英語千題テストが行われました!

 

この千題テストとは、英語の基礎力がどれくらい完成しているのかを測るためのテストで、みんなで同じ問題を一斉に解きランキングを出すので、自分の基礎力を相対的に見ることができます

ランキングで一位をとったN.Tくんです!

 

ランキングが出たことで全体の中での自分の位置がわかり、焦りなどを感じた人もいたのではないでしょうか…?

テストで解けなかった問題はもちろん、解けた問題もきちんと見直しをして、次もう一度受けたら必ず満点を取ることができるようにしておきましょう!

 

しかし、そもそもなぜこの時期に基礎力を確認するための千題テストを行っているか、みなさんはきちんと理解をしていますか?

それは、受験生の皆さんは、3月末までに英語を完成させなければいけないからです。

 

英語の「完成」とは、簡単に言うと3月31日の時点で

実際にセンター試験レべルの問題で第一志望のためにとらなければいけない点数が取れるようになっている

という状態のことです。

4月に入ったらもう英語の勉強をしている場合ではなく

ほかの教科に力をかけている状態でなければ、受験には間に合いません。

私も高校2年生の時に、当時私のGMを担当してくださっていた担任助手の方に、12月とかセンター試験直前とかの時期に、英単語がわからなくて単語帳を開いているような受験生にはなるな、と言われて、必死で3月末までに英語を完成させようと勉強をしていた記憶があります。

 

では、英語を完成させるためには具体的にどのような勉強をすればいいのでしょうか?

それはずばり、高速基礎マスターをやることです!

高速基礎マスターをやりなさい、なんて毎日のように聞いている話かもしれませんが、実際、英語は覚える

ものを覚えないと長文も全く読めないし、その暗記のための手段として高速基礎マスターはとても効率のい

いものだと思い、私自身たくさん活用していました。

そして松戸校では

新高生は英文法750まで

新高生は英熟語750まで

新高生は英単語1800まで

の完全修得を松戸校生の必達目標として掲げています!

 

そして、高速基礎マスターでインプットしたものをどれだけアウトプットすることができるかを測るためものが、昨日の千題テストであったというわけですね!

そして昨日は、千題テストの他にさらに合格報告会もありました!

合格報告会とは、受験終わりたてほやほやの先輩に、自分の受験生活はどんなものだったのかについて実際に新高2・3生に話してもらうというイベントの事です!

みんな興味しんしんな様子で先輩の話を聞いていました。

実際に受験が終わったばかりの先輩の話を聞いて、いろいろ感じるものも多かったのではないのでしょうか。

聞いて満足するだけではなく、良いなと思った先輩の勉強方法など、盗めるものはどんどん盗んでいって自分の受験勉強に役立てましょう!

そして、昨日の合格報告会でもあったように、やっぱり実際に受験で良い成績を収めた人は、この3月の時期に英語を全力でやっていました。

 

みなさんも、千題テストが終わったからといって気を緩めず、もうすでにマスターを完全修得している人でも毎日300問トレーニングをし、終わってない人はもちろん、必ず3月末までに完全修得をできるように頑張りましょう!

頑張れ!松戸校!!

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽