記述模試の復習法 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2017年 5月 14日 記述模試の復習法

こんにちは!

担任助手2年の高橋雪乃です!

今日は難関大・有名大本番レベル模試がありました!

 

この模試は昨日のブログでもあったように、センター試験とは大きく違います。

しかし、記述だから自己採点はいいやという考えは間違いです。

記述模試だからこそ、直後の復習が非常に大切になってきます。

記述模試はセンター試験とちがって、誘導がないのでとても難しいですが、だからこそ、答えがない状況で考え抜く、とっても力がつく模試なんです!

直後に見直しする事で、自分がどこまでわかってどこでつまずいたのか、どの考え方が良くてどこがだめだったのか

理解して復習を効率よく行うことが出来ます。

そしてなによりプロセスが大切です。

有名大・難関大模試は入試に重要な問題が詰まっているので、その解法を暗記するくらい、何度も何度も復習してください。

私は解答を1度読んで理解したら、何も見ないで白い紙に再現してみます。手が止まったら、そこが理解しきれていないところです。

白紙に自分で解答が書ききれるまで、できたら本当に力がつきます!

高校の数学の先生に言われてから、私はこれをずっとやっていました。

これは数学に限らず、理科や国語・社会の記述でも同じだと思います。

ぜひ実践してみて下さい!

↑昨日、高速基礎マスターを修得したS・Tくん

がんばれ松戸校!

 

▼▽各種お申込みはコチラから▽▼

東進は部活を頑張る君を全力で応援します!

▽▼勉強も、部活も、両方本気

高3生はコチラをクリック▼▽