難関・有名大模試!! | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2017年 9月 23日 難関・有名大模試!!

こんにちは!担任助手の谷後です!

本日は秋分の日ですね!

そもそもみなさんは秋分の日が何をする日か知っていますか?

秋分の日とは

祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ」日です。

この時期は「秋のお彼岸」とも呼ばれ、ご先祖様の供養を行う期間です。

このように国民の祝日には必ず意味があります!

ただ「休みだー!」と喜ぶのではなく、

どんな日なんだろうと調べたりしてみてくださいね!

 

さて!そんな本日ですが、

松戸校では「難関・有名大模試」が行われています!

難しかったと感じた人や、夏休みにやったところができるように

なったという人もいると思います。

手ごたえが全然なかったからと言って、そのまま放置したら本当に

もったいないです。受けていた時間すら無駄になります。

この模試を意味あるものにするためには

「復習すること」。これに限ります。

 

そこで今日のブログでは、

難関・有名大模試の復習法について書きたいと思います。

 

まず、この模試は記述模試なので、求められていることを

どれだけ正確に書けるかが大切になります。

解答と自分の回答を見比べて、どこが足りない部分なのか、

また余分なところがどこなのか確認して整理しましょう。

 

英語国語だったら、解答にあたる部分が本文のどこに書いてあるか線を引いたり、

数学理科社会ではその言葉がないと減点になるような

キーワードがどれなのか確認しましょう。

 

英語は解説を一通り読んだあと解答の根拠がどこにあるか考えながら

音読してみましょう。スラスラ読めなかった部分は、構造や単語の

意味があいまいになっているかもしれません。もう一度解説に戻って

全部をスラスラ読めるまで復習しましょう。

 

数学で解けなかった問題は、最初に解説をすべて読んでしまうのではなく、

1文読んでヒントを得たら、そこから自分で解こうとしてみて下さい。

それでも解けなさそうなら、もう1文見るようにしましょう。

そうすることで、どこまでヒントを得たらあとは自分で解けるのか

わかります。その後は問題集などを用いて類問を解いてみると

なおいいと思います。

 

模試を受けたM.OさんとR.Mさんです!

 

東進での次回の模試は 

いよいよ全国統一高校生テストです!

これからの1ヶ月の時間の使いようによって

いくらでも点数は伸ばせます!!

最後まであきらめず頑張りましょう!

 

先日、松戸校は東進で1番努力している校舎』として表彰されました。

高3生 2月→6月のセンターレベル本番模試伸び率1位

高2生 6月向上得点1位

あなたもその努力、体験してみませんか?

▼▽各種お申込みはコチラから▽▼