一日集中し続けるためには? | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 10日 一日集中し続けるためには?

みなさんこんにちは!

夏休みに入り、ブログへの登場回数が激増している担任助手4年の君島です!!

8月に入り、10日間が過ぎようとしています。夏休みに入る前、あれだけ時間があると思っていた夏休みも、もう残り20日程度となっています。

今、みなさんはどんな気持ちで勉強していますか?

受験生の頃の私はこの時期、8月模試まで時間がないことに気づいて、すごく焦りながら勉強をしていました。

なぜ一日は24時間しかないのだろうと本気で考えたことがあります。

(もちろん答えは出ないですけど笑)

これからの期間、1分、1秒でも無駄にしたくないですよね?

一日の勉強時間を最大効率で勉強したいと思いますよね?

そんな希望にお応えして、今日は集中力を高める方法をお教えします!!

 

①デッドラインテクニック

これは、制限時間を設けて勉強するという勉強方法です!

これは高速基礎マスターや、確認テスト過去問演習講座など、東進のコンテンツにも様々なところで用いられていますね!!

自習をする際にも、これはすごく効果的に働きます!

30分間隔で勉強していくのが一番効率が上がるらしいですよ!

 

②人に見られている環境を作り出す

「人間は誰かに見られていると作業効率が上がる」ということが立証されています。

それは勉強においても同様だと考えることができます。

そう考えるとB教室(自習室)の環境はすごくいいものだと思いませんか?

ただ、受講や、高速基礎マスターをしているときにはA教室にいるため、なかなか他人から見られていることを実感することはありませんよね?

そういう時は鏡を近くに置いて、自分が写るようにしておくことで、似たような状況を作り出すことができるらしいです。

是非試してみて下さい。

 

③目標設定をする

①、②でテクニック的な話をしてきましたが、何よりも大事なのはこれです。

自分が大学受験をする目的、今努力している理由。

8月のセンター試験本番レベル模試で何点取るのか。

1月のセンター試験本番では?

大学に入学した後には、どんな職業に就いて、どんな人になるのか。

もう一度考えてみて下さい。

そうすれば自ずと、やらなければならない気持ちになって勉強効率は上がっていきます。

また、目標に対する自分の立ち位置を客観視してみた感情をスケジュール帳や、メモ帳に殴り書きでもいいので、残しておくことも重要です。

そうすると、より自分の気持ちを奮い立たせることができます。これは君島も現役時代にやっていたことなので、すごくオススメです!

残されている時間はみんな平等!

仮想本番まであと16日!

センター試験本番まであと162日!

後悔のないように頑張れ松戸校生!!

 

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽