伸びる人が必ずやってる〇〇って?(理科編) | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 11月 4日 伸びる人が必ずやってる〇〇って?(理科編)

こんにちは!

担任助手2年の西田です。

昨日に引き続き「伸びる人が必ずやってる〇〇って?」ということで…今日は理科編です!

 

センター試験では一般的に

生物は知識問題:考察問題=7:3

化学は知識問題:考察問題=5:5

物理は知識問題:考察問題=3:7

といわれています。

教科によって比率はバラバラですが、主要3科目とは異なり知識問題が含まれます。

だからこそ、復習の時には

・知識の暗記不足でとれなかったのか?

・演習不足でとれなかったのか?

を区別する必要があります。

 

暗記不足で間違えた問題に関しては、ノートなどにまとめて覚えれば復習完了!

あえて解きなおす必要はあまりありません。(知識が本当に定着したかを測るのには有効ですが)

演習不足で間違えた問題に関しては、解説を読みこむ中でどのポイントの読み取りが自分に足りなかったのかを明らかにしましょう。

必ずここまでは理解できた!という箇所はあるはずです。なので…

①どこまでは読み取ることができていて、どこからが理解できてなかったをまず明確にする。

(②そのポイントをノートにまとめる。)

③必ず1週間以内に解きなおす。

演習不足は演習でしか解消しません!

 

 

模試や演習で解いた問題はすぐ直して、確実に自分のものにしていきましょう!

 

今日も頑張れ!松戸校!

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽