低学年から勉強することについて | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2019年 11月 28日 低学年から勉強することについて

こんにちは!萩田です。

急に冷え込み受験の季節がやってきたなあと感じます。

今日は低学年から受験勉強を始めることが如何に最強であるかについて話していきたいと思います。

受験生はいま第一志望合格のためにいま死にもの狂いで勉強しているわけですが、

かつて受験生だった時の僕を含め、受験生たちが口をそろえて言うことがあります。

それは「今から勉強してればどこでも受かる」ということです。

本当に誰でもどこへでも受かるとまでは言いませんが、

ほとんどの人は今からじゃもう遅いということや、

もう無理だということはないと思います。

受験生たちは受験が近づいて焦ってこういっているというだけではなく、

皆が口をそろえてこういうのにはわけがあります。

受験期になると、自分の行きたい大学についてや、自分のやらなきゃいけない課題についてより考え、

より勉強する時間を増やすようになります。そうして受験に対しての本気度が増していくにしたがって、

自ずと点数は上がります。期間はさほど関係ありません。

自分がいかに本気で受験に向かい考えてるかによって点数がすぐに伸びていきます。

それが受験生が口を揃えて低学年からの勉強が最強であることを言う理由です。

実際にぼくも、指定校推薦におち、真剣に受験勉強に向かうようになるようになり、

2ヶ月で英語は10点近く、日本史は30点近く上がりました。

つまり、時期は関係ありません。

早く本気になった人から受かる確率は上がっていき、

早く始めた人から選択肢は広がっていきます。

低学年の皆さん、変わるなら早い方がいいです。行ってみたい大学でいいんです。

すぐに始めましょう!

計画の立て方や勉強の仕方は過去にたくさん

紹介していますのでぜひ参考にしてください!

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓