低学年必見part2!三年生になるまでにやっておかなければならないこと。 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2019年 12月 28日 低学年必見part2!三年生になるまでにやっておかなければならないこと。

こんにちは、こんばんは!

いつもみてくれてる方ありがとうございます、はぎたです。

今日は12月22日に書かせていただいた、

「低学年必見!合格の軌道に乗るのは今しかない!?」の続きとなります。

読んでない人はぜひ先にそちらをご覧ください。

三年生になるまでにやるべきことは主に二つあります。

その話をする前に、点数を伸ばすための道のりを説明します。

勉強にはインプットとアウトプットの二種類があることはよく聞きますよね。

インプットは概念を理解してる段階なのでインプット中に伸びる点数には限りがあります。

つまり点数が一番伸びるときはアウトプットをやっている時期ということです。

つまり、インプットをより早期から継続的に、丁寧にやり、

そしてアウトプットをより長くやることで順調に点数を伸ばすことができます。

東進においてこのインプットに当たるのが

受講と高速基礎マスターとなります。

そうです。お察しの通り、これが三年生になるまでにやるべき二つのことです。

一つ目はみんなが嫌悪しがちな高速基礎マスターです。

論より証拠、まずはこちらをご覧ください。

これをみてわかるように、マスターはやればやるだけ、点数の伸びに差が出てきます。

考えてみればこれはあたりまえのことです。

英語の基礎を高速マスターを通じて早くから

効率よく学んでいるので三年生になってからの伸びが変わってくるの当然のことと言えます。

次は受講です。

受講に関してですが、主要科目の受講を3月末までに終わらせるのはもちろんのことですが、

そのうえで皆さんに意識していただきたいのが、確認テストを一回で合格すること、

修了判定テストを早期に合格することです。

これらからわかるように、ただ受講を早くおわらせるだけではなく、

確認テスト、修了判定テストも点数を伸ばすために利用するという気持ちで取り組みましょう。

長くなりましたが、まとめると、

高速基礎マスター、受講を確認テスト、修了判定テストもしっかりと三年生になるまでに終わらせて、合格の軌道に乗りましょう!

頑張れ!松戸校!