偉人から学ぶ。 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2014年 9月 20日 偉人から学ぶ。

こんにちは!

担任助手の川口(東洋大経済)です。

 

今日はまずはこれを見てください!

自分にできないと考えている間は
本当はそれをやりたくないと心に決めているのだ
だからそれは実行されはしない

オランダの哲学・神学者スピノザの言葉です。

皆さんこの言葉を聞いて率直に何を思いましたか?

 

私はこの言葉を知ったとき、まるで自分のことを言われているようでした。

しかし、このブログを見ている皆さんも必ず1度はこの言葉に当てはまるようなことを経験したことがあるのではないでしょうか??

 

実際、私自身も高校生のとき部活を言い訳に勉強から目を逸らし

ほとんど勉強という行動を起こせずに生活していました・・・

そんな私の受験期に待ち受けていたのは“後悔”の2文字でした。

なぜあの時、自分は部活を言い訳に勉強から逃げていたのかと自分自身に

怒りすら感じました。

ただ、そんなこと言っていても受験までの日数は刻一刻と迫っている・・・

そして何より悪いのは自分です。これは事実で責任を

誰か他の人のせいにすることはできませんでした

 

この経験から私は皆さんにこのような後悔をして欲しくな

心から思っています。

 

高3生は今の自分の取り組みに100%自信が持てていますか?

今やっていることが正しい正しくないの問題ではなく、登校時間などの勉強に対する初歩的な面の問題です。)

私の高校時代のようにその場その場で言い訳をして目を逸らし逃げていませんか??

高2・高1生の皆さんも同じです!もちろん部活や遊びに時間を割くのは

とても良いことだと思います。

ただその中で勉強とのメリハリは付けられていますか?

自分の中で都合のいい理由を付けていませんか?

 

もしも少しでも当てはまる部分が自分の中に見つかったのならば

今すぐ自分の行動を変えていくことをオススメします。

未来は変えられるとよく言いますが、未来を変えるのはものすごく大変なことだと

思います。

ただ、今からの自分の行動なら変えられると思います。

もし勉強についてどうしたらいいのか迷っている人がいるなら、騙されたと思って

少しずつ自分を変えてみてください。

今までスマホでアプリをやっていた時間を高速マスターの時間に変えて

英単語に取り組む時間を少しずつ増やしてみたり、いつもは受講と確認テストだけやって

帰っていたものを閉館まで残って復習や次の受講の予習をしてみるなど

少しずつ意識して変えてみてください。

 

気がついたときにはそれが無意識に出来るようになっていて

習慣化していると思います。

と同時に最終的に振り返ったとき私のような後悔はしていないと思います!

 

偉人の言葉からプラスになる何かを感じ取り、自分の中の信念にしてみるのも

いいかもしれないですね!

 

自分にできないと考えている間は
本当はそれをやりたくないと心に決めているのだ
だからそれは実行されはしない

オランダの哲学・神学者スピノザ