“全国”で闘うということ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 5月 12日 “全国”で闘うということ

こんにちは!

GWの長い休みを終え、だんだんと暖かくなってきましたね。

今日、大学ではもうすでに半袖の人も多く見られました。

夏が近付いてくると実感しますね!

高校生の皆さん。

「夏は受験の天王山」

この言葉を聞いたことがありますか?

夏休みの時間をいかに有効に使えるか

これが合否の分かれ目です。

今週は、各担任助手から

「受験生の皆に伝えたいこと」というテーマで

ブログを書いていますが、

わたしが伝えたいことは

受験は全国で闘うということです。

今そのことを意識できている人は少ないと思います。

「どこかしらの大学には受かるだろう…」

そんな風に思っていませんか?

みなさん覚えておいてください。

大学受験は不合格の人数の方が多いのです。

そんな甘い気持ちではどこの大学にも合格できません。

大学には北海道から沖縄まで本当に全国から集まってきているのです。

ですので、友達との会話には各地方の方言が飛び交います(笑)

中学受験・高校受験とは規模が違うということをしっかり認識していてください。

そして、もうひとつお伝えしたいこと。

それは浪人生は思っているよりも多くいるということです。

大学に入って友達になった子が実は年上だった、

そんなことが頻繁に起きています。

浪人生は3月に結果が出たその瞬間から次に向けて走り出している強敵です。

そんな人たちとみなさんは同じ時期に勝負をするのです。

志望校への想いを強く持って今自分にできる最大限の努力をすること。

敵の存在を知り、誰にも負けない気持ちで日々勉強に取り組んでください。

そして、まだその一歩が踏み出せていない高校3年生のみなさん。

「できる」か「できない」かではなく、

「やる」か「やらない」かです。

受験勉強やらないとと思っていてもまだ思い悩んでいる人。

自分の可能性を広げるのは自分自身です。

まずはその一歩を踏み出してみよう!

詳しくは下のバナーをクリック!!