勉強をする意味とは | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2020年 3月 20日 勉強をする意味とは

こんにちは!

担任助手1年の横山美和子です。

今日は、大学に入る意味について

話したいと思います。

 

今私は履修登録の真っ最中です。

どの科目をとるかどうかいろいろ迷っていたとき

ふと

なんで大学で勉強しているんだっけ?

と考え始めました。

 

そんなとき、ある言葉を思い出しました。

私が好きなマンガの中でこんなセリフがあります。

 

社会のルールってやつはすべて頭のいいやつが作ってる。

つまり

社会のルールは頭のいいやつの都合のいいように作られてるんだ。

 

このマンガは

勉強を全くしてこなかった高校生たちを

東大に受からせるという

超有名な作品の中の言葉です。

この世の中で生きていくために一番怖いことは、「知らないこと」です。

 

何も知らなければ

知っている者に都合よく搾取されたり

利用されたりしてしまいます。

大学生になってからこれは実際に感じるようになりました。

社会の仕組み・お金が

どのようにして回っているのかなど知らなければ

大学生でさえ搾取されてしまうことがあります。

 

つまり・・・

勉強はただいい大学やいい会社にはいるためだけだなく、

勉強を通して身に付ける知識を

生きていくための武器として使うためにあるのです。

 

受験という目の前のゴールに疲れてしまったら

その先の未来のことを考えてみて下さい。

 

頑張れ!松戸校!

 

1日体験・個別相談を行っています

実際に授業を受けてみたい!

 

▽▼お申込みは体験授業のバナーをクリック▼