国府台生特別合格報告会!その内容とは…? | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 3月 14日 国府台生特別合格報告会!その内容とは…?

こんにちは!担任助手の影田です!
今日は雨が降って寒くてと散々ですね…。
そんな雨の中、本日松戸校では国府台生対象の特別合格報告会が行われました!
本日のプレゼンターは二人!
春から慶應義塾大学文学部に進学するT・N君(その他合格大学:早稲田大.千葉大)

春から立教大学社会学部に進学するH・T君(その他合格大学:明治大学.法政大学)です!
今回このお二人には千葉県の中でも文化祭が盛り上がることで有名な国府台高校ならではの悩み
その悩みをどう克服して合格を成し遂げたのかを話してもらいました!
その悩みというのが…
夏にある文化祭が忙しすぎて充分な学習時間が確保できない
という悩みです。
というのも国府台高校では高校3年生がクラス単位で演劇をやるのです!

↑こんなに本気でやります!
その長さも1時間半以上!プロの脚本家の台本を使うこともあるようです!
その規模にはびっくりですよね..。
ですが、N君はそんな忙しい中だからこそどう集中して勉強するか、どうを追求するのか着目して学習に取り組んでいたと語ってくれました!

またN君はスタートが遅れてしまったことを悔やみ「今」から始める重要性についても語ってくれました!


そしてT君は国府台生が文化祭に懸ける時間が360時間以上だという事実をもとに、文化祭の大変さや役者の大変さを語った上で、
その中で見出した最大効率の勉強法を参加者のみなさんにレクチャーしていました!

二人の話したことで共通していたのが勉強は効率が重要だという事と高3の春休み の重要性です。

二人がプレゼンした後に参加者の方が多くの質問を二人にしていて、しっかり気持ちが伝わったのだなと感じて嬉しかったです!

今日参加してくれた方々が文化祭も受験勉強も両方やりきって後悔のない高校生活を過ごせることを国府台OBとしても祈っています!
頑張れ! 国府台生!
また本日はグループ長主体の音読会が開催されました!
センター頻出のアクセントの対策をみんなで音読を通して行いました!

公開授業もあと5日
席の残りもわずかとなっております。一人でも多くの参加をお待ちしております!