夏休みってどれくらい大事なの? | 東進ハイスクール 松戸校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 7月 15日 夏休みってどれくらい大事なの?

こんにちは!担任助手2年の大高です。

本日は

 

夏休みがどれくらい大事なのか

 

という話をしていきたいと思います。

 

受験生は夏休み1日15時間勉強を目標としていますが、

夏休みを40日あるとしたら、単純計算で600時間できることになります。

二学期の平日の勉強時間を5時間として考えると、

9月から12月までの勉強時間は約450~500時間です。

これを比べてみると、なんと二学期間よりも夏休みのほうが多くの勉強時間を取得できます!!

 

 

逆に言えば、夏休みにサボると二学期は本当に時間がない、ということを実感して

周りのライバルと差をつけられてしまいます。

 

 

時間は有限です。なんとなくではなく、

必ずその科目の勉強にどれくらい時間を割くのかを決めてから

日々の勉強計画を立ててください。

 

 

高1・高2生ももちろん夏休みは大切です!

この休み期間を使って、自分の苦手な分野をしっかり克服しましょう。

また、自分の興味のある大学のオープンキャンパスも調べていってみましょう!!

 

実際に足を運んでみるとまた印象が変わると思います。

 

それぞれ有意義な夏休みを過ごせるようにしましょう!

 

頑張れ松戸校!!!

 

▽▼お申込みは下のバナをクリック▼▽