大学紹介~上智大学編~ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2014年 5月 28日 大学紹介~上智大学編~

こんにちは!担任助手の塚田千晴(上智大学経済学部2年)です!
 
今日は、私の通っている…
 
上智大学の紹介をしようと思います♪
(ブログを書くために、今日学校でこの写真を友達に撮ってもらいました(笑))
 
上智大学は東京の四ツ谷というところにあります!松戸駅からの通学所要時間は約40分ちょっと!意外と近くて通いやすいです。
 
さてさて!
みなさんは“上智大学”と聞いて、どんなイメージを持ちますか?
東進生の皆さんなら、まっさきに『安河内先生の母校!』と思いつくでしょうか?(^^)笑
(安河内先生は上智大学外国語学部英語学科の卒業生です!)
 
上智大学の特徴は『専門性』『国際性』にあると私は思います!
 
上智大学には、他の総合大学では専攻しにくい学科が沢山あります!
外国語学部には英語学科、イスパニア語学科、ロシア語学科、ドイツ語学科、フランス語学科、ポルトガル語学科が設置されていて、まるで外国語大学のように専攻できます。また、総合大学という環境において勉強することで、専攻だけに凝り固まった勉強ではなく視野も広く保てます!
また、外国語学部だけでなく、キリスト教について学ぶ神学部、メディア系に進みたい人が集まる新聞学科、日本の有名大学ではまだあまり設置されていない哲学科、もちろん理系学部である理工学部や看護学科まで、まさに『専門性』を極めたい人にとって素晴らしい環境が整っていると思います。
 
ちなみにわたしの所属する経済学部経営学科では、3年次よりゼミが本格的に始まり、専攻をしぼっていきますが、2年次にその前段階として経営基礎研究セミナーという、ゼミを専攻する前に自分が興味のある分野をちょっと掘り下げて勉強する場が複数設けられています。
専攻を絞る前に、体験できることがすごく魅力的だと思っています(^^)
 
また、外国語学部、国際教養学部、そして今年度から出来た総合グローバル学部。
これらの学部を中心に『国際性』を高めるというところにも、上智大学は重きを置いています!
学内に留学生や帰国子女、外国人教授が沢山いるという環境としての国際性に、刺激を受けることも多々あります。

以上で紹介は終了です!

ちょっと上智大学のことを知って頂けたでしょうか?(^^)
まだまだ紹介しきれないところも沢山あるので、詳しく聞いてみたい!というひとがいましたら、塚田まで声をかけて下さい!
またオープンキャンパスソフィア祭(上智大学の学園祭)など、上智大学の雰囲気を味わえる機会も多々ありますので、是非足を運んでみてくださいね♪
 
ちなみに、上智大学の受験を考えている人は、今年度から新しい受験方式も増えるらしいので、checkしておくといいかもしれません!
 
 
明日も大学紹介が続きます!
自分にぴったりな大学を見つける参考にしてくれたら、嬉しいです(^^)楽しみにしていて下さい!
 

 

高1・2生はこちら↓↓