大学紹介~東京理科大学編~ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2019年 7月 8日 大学紹介~東京理科大学編~

みなさんこんにちは

担任助手のディランです!

今日は僕の大学についてお話しします

僕は東京理科大学 理工学部 先端化学科の3年生です

東京理科大学は、明治14(1881)年に東京大学を卒業間もない若き21名の理学士らにより

「東京物理学講習所」として創立され、2年後に東京物理学校と改称されました。教育方針としては、

創立以来、真に実力を身につけた学生だけを卒業させるという

「実力主義」を旨とし、その伝統は今日まで引き継がれ

昭和24(1949)年に東京理科大学に改組されました。

 

学部は理学部、工学部、基礎工学部、経営学部、薬学部、そしてぼくのいる理工学部です。

理工学部は数学科、物理学科、情報科学科、応用生物科学科、建築学科、先端化学科、電気電子情報工学科、経営工学科、機械工学科、土木工学科の10学科から構成されています。

私立大学の中では珍しい内部進学生がいない大学です

ですので大学初日の静けさはどこの大学にも負けてない気がします。

皆さん正直理科大ってみんなチェックシャツにめがねをしている印象があると思いますが

以外とそうでもありません。ファッションに気を使う人の数が少ないのは事実ですが、、、

さらに昨日は7/7の七夕ですね、上智大学では浴衣の日になっているらしいのですが

それに対抗して理科大では7/7はチェックシャツの日となっております。

この日は大学の8割以上がチェックシャツを着る日です

僕も今日はチェックシャツを着て学校に行きたいとおもっています

ココで僕一年生の時の学校の写真を載せたいと思います。

僕が思う理科大のおすすめポイント

自分のしたい勉強を好きなだけできる

 友人の多くも勉強に対するやる気が高いので自分のやる気も上がります

落ち着いている

 大学に女性があまりいないのも関係あると思うのですがみんなのんびりしています。

 あまり周りを出し抜こうと考える人はいません、日々気楽です

個性的な人がいっぱい

 教授も生徒も普通じゃない人がたくさん!

 独特の考え方のひとが多く日々刺激を受けます

何と言っても就職に強い

 ふだんの大学生活が忙しい(課題)こともあってか企業からの信頼はとても高いです

他にもたくさんあるのですが残りは僕に直接聞いてください!

入学した時には多くの人が国立落ちなので学歴コンプレックスがすごいですが

ぼくは入学してよかったと思います。好きなだけ勉強できる環境、

周りのひと全員が理系であることなど勉強したいなら、入学して後悔する大学ではないです

夏期特別招待講習

始まります!

申込み日によって

受けられる講座数が異なります。

7/12までのお申込…講座

7/19までのお申込…講座

7/31までのお申込…講座

無料招待します!!

お申込はお早めをおすすめします!

東進生以外の方に

GOOD NEWS!!

そして他にも、

下の講座が無料で受けられます。

部活生招待講習

3年生対象(1講座無料招待) 

東進の雰囲気をつかめるだけでなく、

一流講師の授業で知識も身につきます! 

気になった方は

下のバナーから申込み可能です! ▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼▽