大学進学後の話~山本ver.~ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 2月 20日 大学進学後の話~山本ver.~

 

こんにちは。

毎日、続々と受験生の嬉しい報告が届いています。

こちらから合格速報がみれるのでぜひご覧ください。

 

さて、今日のブログはこの春から大学に進学する受験生のみなさんへ向けて

大学進学後のことについて書きたいと思います。

 

(立教大学新座キャンパス)

 

みなさんは大学進学後にしたいことはありますか。

・・・もちろんたくさんありますよね。

きっと、学部での勉強はもちろん、部活やサークル、アルバイト、読書や旅、などなど

みなさんそれぞれ思い描いていることがあるんじゃないかな、と思います。

 

私は、大学進学が決まったあと、実は、やることリストを作っていました。

1.外国に旅行に行く

2.本をたくさん読む

3.英語の勉強を頑張る

4.何か、一生懸命になれることを見つけて、やりきる

 

他にも細かいことをいろいろ書いていたのですが、それは省略します。笑

大学入学から3年間たった今、どれだけ達成できたか振り返ってみます。

 

1→ホームステイをする国際交流サークルで毎年フィリピンに行った。

大学3年生の春に友達と中欧周遊旅行にいった。でも、もっともっといろんなところに行きたいです、まだまだ進行形です。

(チェコ・プラハでの一枚)

2→たくさん・・・ではないです。まだまだ進行形です。

3→大学生向けの東進ビジネススクールで英語を勉強しています。でもこちらもまだまだ進行形です。

4→国際交流サークルで、今年隊長を任せてもらってフィリピンに行ったことは自分にとって大きな経験でした。

また、担任助手の仕事、観光心理学のゼミでの活動など、夢中になってやりたいことがたくさんでき、自分なりにやりきることができたのではないかな、と思います。

 (フィリピンでの一枚)

こうしてみると、進行形だらけですね。笑

卒業した時に、こられを達成できたと自信をもって言えるように残りの大学生活を頑張っていきたいです。

 

さて、3年生も終わりに差し掛かった今、点と点がつながって線になっていくのを日々感じます。

どういうことかというと、例えば、担任助手の仕事をする中で得た考え方をゼミの活動に生かしたり、旅先で出会った人が思いがけずサークルの活動を広げるきっかけになったりなどなど

一見、別々の経験に見えても、それらはゆくゆくは何かしらの形で繋がって、そしてそれらは自分を、自分の行きたい方向に導いてくれる、そんな気がしてなりません。

高校までももちろんそうでしたが、大学に行ってからはそれが顕著に表れると思います。

大学って本当に楽しいところだなと思います。

 

これから大学に進学するみなさんがどのような大学生活を送るのか、想像しただけで今からとてもわくわくします。

今のうちから、何がやりたいのか、どんなことがやりたいのか、考えておくことはとてもいいことだと思います。

私もみなさんに負けないように、毎日を全力で過ごしていきたいです!!