大学&学部紹介【立教大学観光学部編】 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2013年 10月 22日 大学&学部紹介【立教大学観光学部編】

こんにちは!松戸校の山本です。

今日は私が通っている立教大学観光学部の紹介をしたいと思います!!

 

立教大学については10月1日の記事で紹介したので今回は観光学部について重点的にお話します。

 

まず、観光学部って聞いて何を思い浮かべますか?

バスガイドになる人がいく学部?観光好きな人の集まり?

そのどちらも完全に間違っているわけではありませんが、ちょっと違います。

観光学部を卒業する学生のうち3分の1は観光系に進みますが、それ以外の学生はまったく違う分野に進みます。それでも他の学部と比べたら十分多いですが。笑)

 

次に、観光学部ってどんな勉強していると思いますか?・・・あんまりイメージわきませんよね。

”観光学”というのは一言では説明できないくらい幅広い学門です。例えば、社会の動きを知る為に社会学、観光客がどういう心理で行動するかを知る為に心理学、海外との観光を考えるならその国の文化を知らなければならないので交流文化の勉強や、異文化理解の勉強、それ以外にも経営学経済学など多様な分野の学門と結びつき会っている学門なのです。

具体的にいうと、多様化した観光の全体像を明らかにする為に、「ビジネスとしての観光」 「地域社会と観光」「文化現象としての観光」という3つのプログラム群をもとに総合的な教育が行われています。

そして、これは個人的な見解なのですが、世界がどんどんとグローバル化している今、2020年に東京オリンピックが決まった今、観光学はこれからもっともっと注目されるべき学門なのではないかと思っています^^

これは私の後期の時間割です。

 

今は基礎的な科目や概論的な授業が多いのですが、2年生になるともっと専門的な分野の勉強ができるので楽しみです!

 

あとは観光学部の友達は旅行好きな人が多かったり、留学したいという意思をもっている人が多かったりと、とても刺激を受けます。

これもまた私の個人的な見解ですが、外国語学部、国際系の学部の次にグルーバルな学部なのではないかと思っています。笑

 

もしもっと観光学部に興味のある人はぜひ山本にきいてくださいね!