担任助手が冬休みにしていたことvol.3 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2013年 12月 29日 担任助手が冬休みにしていたことvol.3

こんにちは、松戸校担任助手の小林直斗です。

今日は冬休みにしていたこと第三段ということで、僕が高2・高3のこの時期に何をしていたのかをご紹介します。

【高校2年生】

高校2年生のこの時期は年末の特別番組友達と遊ぶ約束など誘惑が多いですよね。

ですので僕は部活が終わったら東進に必ず来るようにして、

家にいる時間をなるべく少なくしていました。(東進にいればテレビの誘惑はなくなりますよね。)

そして何と言っても千題テスト!!

僕も高2の時大晦日の英語千題テストに参加していました。

千題テストはラウンドごとにランキングが出るので、その日初めて僕は松戸校でランキングを意識してテストに取り組みました。

ランキングを意識すると自分のモチベーションが本当に上がります!!

ぜひぜひ皆さんもランキングを意識してみてください。

千題テストを受ける高校1・2年生は

ぜひベストを尽くして、最高の形で一年を締めくくりましょう。

 

【高校3年生】

センター直前のこの時期は

とにかくセンターの演習でした。

12月のセンター試験本番レベル模試で、化学・数ⅡB・現代社会の点数がまだまだ目標点にほど遠かったので、特にその分野を重視して演習をしていました。

皆さんセンターの演習をしていると思うので、そこについては特にアドバイスはないのですが、

ここで一つ注意点があります。

僕が去年経験したことなのですが、

この時期からセンターの勉強で一日の大半を使い続けた結果、

センター試験本番が終わった途端

「化学Ⅱ・物理Ⅱ・数学ⅢCの問題が解けなくなってる!」

となりました。

今自分の受験勉強を振り返ってみると、センターの演習は確かにしなければいけません、ですが自分で時間配分をしっかりして二次試験もしくは私大入試の勉強も少しは平衡できるようにしといたほうがよかったなと思います。

やることがたくさんあるからこそ、その日自分が何を勉強するかスケジュール化することをオススメします。

 

以上が僕の冬休みの過ごし方でした。

今年は大学の先生に授業中に勧められた「機械との競争」という少し内容が難しめの本を冬休み中に読み切れるようにしたいと思います。