担任助手学部紹介〜西田編〜 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 22日 担任助手学部紹介〜西田編〜

Hello, everyone!

I have blogged for the first time in a while.

担任助手2年の西田です!

なんで英語??

と思うかもしれませんが…


実はこのブログ、から発信しているんです(笑)

私は今、University of California Davis校に1ヶ月留学しています!

理工系の授業を選んだので、毎日英語で理系トーク

頭がパンクしそうになりつつ、憧れが今まさに現実になっているので充実した毎日です。

そして本当に…本当に…キャンパスが広い・・

Davisは自転車の町と言われており、実際ほとんどの人が自転車で移動しています。

このまま私の留学生活を紹介してもいいのですが(笑)、

(興味ある人、帰国したらいつでも聞きにきてくださいね)

今日のブログテーマは引き続き、“担任助手の学部紹介”ということで、私の大学の紹介をしていきます!

私の大学は東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 です。

そうなんですよね。先日ディラン先生が紹介したばっかりなんですよね(笑)

 

なので私の学科「応用生物科学科」を中心に、またせっかくアメリカからお届けしているので、UC Davisで私が感じていることも話していこうかなと思います!

 

”バイオサイエンス”というワード、多くの人が聞いたことあるのではないでしょうか?

バイオサイエンスは、医学食料資源エネルギー環境といった私たちにとても身近で重要な課題と深く結びついた分野です。

私の学科で学ぶ分野を一言で表すと、まさにこれ!

研究する分野が広い分、大学でも幅広く学んでいます。

私は高校では生物・化学選択だったので、物理とはあまり縁のない生活だったのですが、大学では大1、2年を通してまさに勉強中です(汗)

とはいえ色々な視点から物事を捉えられれば、選択肢も広がりより深く理解できて楽しい!

高校時代、そういうものだと教えられたものも、大学ではその原理を学べます。

そのように幅広く学ぶ座学と、週に1度の実験プレゼンを行うこともあります。

 

さて、私の理科大ライフもすでに1年半が過ぎましたが、今こうしてUCに来て思うのは、こっちでは自分の意見を発信する(しなければならない)ことが圧倒的に多い。

ある程度は覚悟していたのですが(笑)

あるトピックについて自分はどう思うのかぜそう思うのかグループディスカッションなどは絶対毎日あるし、ポスターパワーポイントを使ってプレゼンをしたり…etc.

自分の興味ある分野ならともかく、ない分野に関しても即座に自分の意見を言うって難しい…

そういう時にすぐ的を得た考えを言える人ってすごいなと思います。

日本でなにげなく見たテレビ、雑誌の知識が思わぬトピックで役立って、深い理解を助けてくれたり。

幅広い教養って学びを深めてくれるし、何気ないところで結びついてどんどん自分の世界を広げていける、そんな気がします。

いろんなことを知っていれば、多種多様な人と話が盛り上がる

特に英語が話せれば、それもの人と。

同じクラスのスペイン人、タイ人、中国人、文化の違いを話すと本当に面白い(笑)

 

何か物事をする時、意義が見出せないこともあると思います。

でもそれがいつどこで何に繋がっていくかはわかりません。

私は高校時代、こんなの将来役に立たないし、やる意味なくない?と否定的になることが多かったので(笑)

そうじゃなくて、とりあえず何事も一生懸命やってみるとりあえず突っ込んでみるっていうのは有効なんだなと。

意味は後からついてくる気がします。

それにどうせやらなきゃいけないなら、全力投球で楽しんだほうがいい!

受験に置き換えるとしたら高校生活で一度は思うであろう、「今勉強していることって何に役立つの?」とか「これって意味あるの?」っていうのも後々何かしらにつながってくるはず!

 

受験勉強も全力でやったもん勝ち、楽しんだもん勝ち。

というちょっと偉そうなこと書きましたが、まさに今実感しているので書いちゃいました!

残りの夏休みも、気合を入れ直して頑張れ! 

応援しています。

以上!

 

私も帰国後はすぐに大学が始まるので、平成最後の夏はUCでまさに勉強の夏を過ごして実質終了です(笑)

松戸校で頑張っている受験生に負けないくらい、私も頑張ります!

Thank you very much for reading the blog through to the end !

 

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽