担任助手直伝!模試の復習法とはズバリ・・・! | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 5月 16日 担任助手直伝!模試の復習法とはズバリ・・・!

受験生のみなさん、

昨日は難関大・有名大本番レベル記述模試がありましたね。

みなさん、初めての東進での記述模試はどうでしたか??

思うように解けた人はほとんどいないと思います。

「まったく手が出なかった…」「時間が全然足りない…」

というようにそれぞれ思ったことはあると思います。

しかし、ここで自信を無くすのは早すぎます!

なぜなら、この模試ははっきり言って難しい模試です。

まだまだみなさんはスタートラインに立ったばかりです!

まず、問題の解き直し、復習は次の日までにやってしまいましょう!

いくらやる気があったとしても、後回しにすると絶対にやらずに終わります(私の経験談です )

復習としては

もう一回時間をかけて考えてみる。(知識系は参考書を見てもよい)

できても、できなくても本番になぜできなかったのかを考え、解答・解説を読む(&解説授業を受ける)

(数学・理科の場合)

類題を解いてみるorもう一回何も見ずに自分の力で解いてみる

これはあくまで参考です。

自分の一番のやり方を見つけることも勉強の一つです。

やり方がわからないって人はぜひ実践してみてください!

そのあとに

・自分は何ができて、何が力が足りなかったのか。

・いつまでに何をできるようにならなければならいのか。

・では今の時点で何をどう勉強するか。

というのを広いスパンから、いまやるべきことを計画立てし、実行していきましょう。

不安な人はいつでも担任助手を頼ってください。

一緒に見直し、計画立ての相談にのります。

次に、受講の復習はいつやっていますか?

え?やってない????

受講は受けっぱなしでは意味ありません。

最低でも、復習のチャンスは4回あります。

受講直後修判前

見落としがちなのが、次の講の受講前模試前!!!

えーっと思った人もいるかと思います。

受ける前に前回何やったかを軽く見直しだけでも、

理解力がぐんと上がるんです!

ぜひ試してみてください!修判の復習も重さが変わるはずです。

あとは、なんといっても模試前

あ~聞いたことあるのに…じゃあもったいないですよね?!

受講の復習!めちゃくちゃ大事!!

6月にはセンター試験本番レベル模試

7月にはまた有名大・難関大本番レベル記述模試があります。

今のうちから先を見据えて準備をしておきましょう!!