”模試ノート”のすゝめ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2019年 2月 11日 ”模試ノート”のすゝめ

こんにちは!

担任助手2年の西田です。

昨日は『2月共通テスト対応高1模試』でしたね!

受験したみなさん、おつかれさまでした。

 

今までのセンター試験本番レベル模試と違い、

英語の筆記が読解問題のみだったり…

正解が複数ある問題もあり、単純な暗記では対応ができなかったり…

マークだけでなく記述で解答する問題があったり…

 

センター試験本番レベル模試とは違う形式に戸惑った人も多かったのではないでしょうか。

2年後、3年後までにこの共通テストを攻略するには…

 

まずはこの模試の内容を自分のものにする必要がありますよね。

そこで私がオススメしたいのは

”模試ノート作り”

です。

作り方はシンプル!

1、問題・解説をコピー!

2、それを切って、ノートの左に問題・右に解説を貼る。

3、右を隠して解けるまで何度も解き直し!

以上。

 

ただここで注意点を1つ。

模試ノートの目的は、「解けなかった問題を繰り返し解きなおして、自分のものにすること」です。

もし、ノートを作らずとも繰り返し復習して自分のものにできるなら、ノート作りにこだわる必要0なわけですよね。

 

ノートを作ったほうが解き直しがしやすいと感じた人は是非!

復習もばっちりこなして次回に活かしていきましょう!

今日も頑張れ!松戸校!

特別公開授業実施決定

2/12(火)松戸校で実施、詳細は下のバナーをクリック!

ただ今3講座分最大15コマ分)の授業無料体験できる

新年度特別招待講習を実施しています!

お申し込みは下のバナーをクリック!!

 

東進ハイスクール松戸校

に向かって頑張る

高校生応援しています。

▽▼各種お申し込みは下のバナーをクリック▼▽