模試前の準備について | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2014年 10月 20日 模試前の準備について

こんにちは、担任助手の大塚(早稲田大学 文学部3年)です。

 

さて、全国統一高校生テストまであと6日と迫ってきました。

 

みなさん準備は万端ですか!?

全国統一高校生テストは、学年問わず、全員がセンター試験本番レベルの問題にチャレンジします。

自分の学習の理解度が測れるだけでなく、全国における自分の順位を知ることができます。

 

受験生のみんなはもちろん、高1・2生のみんなも自己ベストを目指したいところですね!

 

でも、自己ベストを出したいけど、何をどうすれば……

と迷っている人もいるでしょう!

 

さて!今日は特別に、そんな迷っている人へ、私が高校生のときにやっていた模試に向けた準備について紹介したいと思います。

 

まずは、受験生のころ。

受験生のころは、とにかくアウトプットの練習で模試に向けて準備!

せっかく得た知識を、最大限生かすための工夫をしていました。

科目に関わらず、新しいことを詰め込むよりも、しっかりと実力を時間内に発揮できるよう、過去問などを重点的に利用していました。

 

では、高1・2生のころ。

高1・2年生のころは、とにかくインプット!

問題の選択肢を見て、考えるヒントになるようなことを、頭の中に入れていました。

とくに、覚えた・理解できたものが多ければ多いほど、得点に結びつく英文法などを重点的にしていました。

 

センター試験の模試において大事なことは、とにかくきちんと対策をすること。

 どんな問題がでるのか、どれだけの時間配分でやるべきなのか。

 そういうところをきちんとやっておくことをオススメします!

 

 

最後に。

テスト期間ながらも、模試に向けて高速基礎マスターに取り組むK・Iさん

 

なんと、今日だけで英単語と英熟語を600問近くも勉強していました!

すごい!

 

みなさんも、Kさんに負けないように、ベストを出せるように、この一週間取り組んでみてください!

 

 

—————————