模試後の復習の仕方 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2014年 6月 25日 模試後の復習の仕方


こんにちは! 松戸校 担任助手の塚田千晴(上智大学経済学部)です。

日曜日に、センター試験本番レベル模試がありましたね。
成績が伸びて、嬉しい気持ちになったひともいれば、そうでないひともいたでしょう。

そんな、今日のブログテーマは!
模試後の復習の仕方 です!

まず、初めに質問です。
模試の復習、終わっていますか?

復習の仕方 以前に、 模試直後にきちんと問題を復習したか というところで、次回の8月模試に向けてのスタートが切れているか、既にがついています
模試が終わり、3日が経っています。まだ復習出来ていない人は、早めに終わらせましょう!

では、肝心の復習の仕方です!
これには、個人差があると思いますが、私が受験生のときに行っていた復習法を軽く紹介します!

まず、自分がその問題をなぜ間違えたのか、きちんと向き合うことです。
単語が分からなかったのか、選択肢が読めていなかったのか、時間が足りなく焦っていたのか・・
考えられる原因はたくさんあると思います。
なぜその問題を間違えたのか何を勉強すればできるようになるのかを明確にすること
そして、次その問題が出てきたら間違えないようにすること
を徹底しましょう!
しかし、一度の復習でそれができたら苦労しないですよね・・

そこでわたしがおすすめしたいのが、
間違いノートを作ることです!

(これが私が実際に作成していたノートの一部です。ノートが汚くてごめんなさい・・)

間違った問題をこのようにストックしておき、
気が付いたときに見直すことで、復習はパーフェクトになると思い、実行していました!

この間違いノートは、これから先に行っていく過去問演習の際にも作成していて、
入試当日も持参していきました。

当たり前のことですが、自分ができない問題ができるようになったとき、
成績は上がっていきます!

模試後で、結果が悪く落ち込んでいる人もいるかもしれませんが、
自分ができない部分すべてが、自分自身ののびしろです

そののびしろをのばしていくのは、自分のこれからの行動次第です。

一緒にがんばっていきましょう!応援しています。