社会に出て活躍するということ | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 9月 23日 社会に出て活躍するということ

こんにちは!

昨日は高校3年生向けの記述模試が行われましたが

実は模試の後に松戸校では超ビックなイベントが行われました!

それは、ズバリOB・OGセミナーです!

OB・OGセミナーとは、東進を卒業してから大学に進んだのち、

今社会で活躍している素晴らしい先輩方から

高校生のみなさんにお話して頂く機会です!!

なぜこの会を受験を目前に控えたみなさんに聞いてもらいたいのか?

それは、受験を目前に控え、不安や焦りでいっぱいいっぱいになっているみんなに

ちょっと先の「将来」について考える時間を作ってほしいからです。

自分の将来を想像することで大学受験に対する想いも一層強くなれるのでは?

という思いから、今回は2名の先輩方を松戸校にお迎えしました!

 

まず紹介するのは、松戸校元担任助手社会人1年目の池田さん(写真左)です。

 

 池田先生は早稲田大学国際教養学部を卒業していることもあり

英語の重要性をなによりも強く伝えてくださいました。

英語ができれば世界中の人とコミュニケーションをとることができる

英語は人生を豊かにするパスポートだと言っていました。

これから、仕事で海外異動になる可能性もあるそうです。

大学生時代に30か国も訪れ、現地でたくさんの人と触れ合った経験をもつ

池田さんは誰の目から見ても素敵ですね!!

2人目は、なんと9年前の松戸校元担任助手社会人6年目の渥美さん(写真右)です。

(私の兄でもあります。笑)

 広告代理店の仕事はただテレビCMをつくるだけではなく、

そのCMを届けたいターゲット気持ち行動

リサーチすることが大事だとお話してくださいました。

現在はグローバル案件にも携わっているようで

海外出張でたくさんの国に足を運んでいるそうです。

広告=CMをつくるという印象がガラッと変わりましたね。

行動した分だけ、自分の将来の可能性を広げることになる。

将来の自分のために行動範囲を狭めず全力で努力してください!

とのメッセージもいただきました。

みなさんとても真剣に聞いていましたね。

2人の先輩方の話を聞いて、みなさんはどう感じましたか?

高校3年生のA.Hさん(県立船橋高校)のアンケートには

普段目にしている広告どのような過程を踏まえて

作られているのかが知れて興味深かった”

“いろんなことを経験したい、海外にたくさん行きたい!

池田先生のような大学生活にとても憧れます!

と書いてありました。

受験を通して将来の自分を明確にイメージできる人

なりたいと書いていたAさん。とてもいい表情をしていました!

大学受験人生の中間地点

みなさんは今その中間地点に向かって

決して妥協せずに全力で行動していきましょう!

がんばれ松戸校!

 

まずは一歩を踏み出そう!

松戸校はあなたのを応援します!

さあ、自分史上最高の努力

私たちと一緒に始めませんか?

詳しくは下記のバナーをクリック!