音読室って使ってますか?音読の重要性とは… | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2016年 3月 9日 音読室って使ってますか?音読の重要性とは…

 こんにちは!松戸校担任助手の影田です!

最近タイから帰ってきましたが日本もだんだん暖かくなってきましたね!
ちなみにタイは最高気温35度と真夏の気候でした..暑かった…。

ところで皆さん、
音読室って使ってますか?

一回目

↓最近の音読室の様子  
だ、誰も使っていない!

 二回目

 あ!小金高校のM・Tさんが音読している!少しインタビューしてみましょう!

影田:なぜ音読しようとおもったのかな?
M・Tさん:音読すると良く覚えられると思ったからです!

影田:そうなんだ!なんで良く覚えられるとおもったの?
M・Tさん:口で..なんか覚えられるんですよね。

影田:そう!それすごくわかる!誰かからおすすめされたの?
M・Tさん: 担当の池田先生や英語の授業を受けている大岩先生が音読は超良い勉強法だと聞いてやってみたらよかったです!まだ音読室を使うのは二回目ですけど。笑

影田:お!じゃ、これからどんどん活用していこう!
・Tさん: はい!

小金高校のM・Tさんも言っていましたが、
音読は目だけでなく、さらに手振りなども加えれば体全体で効率良く暗記科目を覚えることができます!僕もよく一つの英単語や年号を10回音読して口で覚えるということをしていました!

さらに上級な音読方法として「セルフレクチャー」という方法があります。

これは暗記科目、例えば日本史や世界史、無機化学の分野などの流れを自分自身に授業をするという勉強法です!「他人に教えると一番効率良く暗記できる。」というのは聞いた事あると思いますがセルフレクチャーでも大変効率が良い勉強ができます。

僕は東進の授業を受けた後に自分でもう一度自分に授業をし、それをスマホに録音し、寝る前や徒歩の時間に聴くということをしていました。総録音時間は74時間にもなりました。笑

この勉強法がなければ僕の合格はなかった言っても過言ではありません。
おすすめです!

また英語学習においても音読は非常に効果的な勉強法です!
なぜかというと英語の音読を繰り返していく内に日本人にありがちなある癖を克服し、英語を英語として理解できるようになるからです!

では、日本人にありがちなる癖とは何でしょう?
それは英文を読む際に一度頭の中で日本語に訳してから読む癖です!

え、それって当たり前じゃない?
と思った方はまだまだ伸び代がある方ですね。

実際僕ある先生に教わった効率の良い音読法を繰り返したおかげでいつの間にか英語を英語として理解できるようになりセンター試験形式の問題で20分余る程英文を読むスピードが向上しました!

そしてその先生というのが安河内先生です。

では僕の英語を難関大レベルまで引き上げてくれた効率の良い音読法とは..?

続きが気になった方は3月19日(土)に松戸校に来て安河内先生、つまりプロから直接学んでみてください!

自分が変わりたいと思うならまず行動!

音読室も是非是非使ってみてくださいね!

今日も頑張れ受験生!