~担任助手の夢・志~ 小森大世編 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2019年 8月 3日 ~担任助手の夢・志~ 小森大世編

こんにちは

担任助手の小森大世です

最近は暑すぎてに行きたくてしょうがないです

さて今日は、連日に引き続き、担任助手の夢・志について紹介したいと思います。

 

といっても、私には正直具体的な夢といったものはまだ決まっていません。

東進では、生徒に夢について考えさせたりしてる中、自分がが決まってないことを多少気にすることはあります。

ただ、自分と同じ具体的な夢が決まっていない人のためになればと思い、

自分の漠然とした将来の指針を紹介したいと思います!

一つ目は、「0から何かを生み出す」です。

意外と全く新しいものを発案したり、作ったりすることは難しいものです。

今は、普通でもできた当時は普通ではなかったものも数多くあります。

スマートフォンなんてまさにそうですね。

そして新しく何かを作ることは、めちゃくちゃ面白そうじゃないですか?

だから、成し遂げたいのです。

 

次は、「幸せになる」です。

これだけだとふつうかよって思うかもしれませんが、詳しく言うならば、

人を幸せにするためには、まず自分が幸せになってないといけない

ということです。

不幸な人間が人を幸せにできるはずがない。

少し身勝手な考え方かもしれませんが、根本的には、より多くの人に幸せになって欲しいと思っています。

そのためには、まず自分が幸せになりたいのです。

人は一人では生きていけないし、幸せにもなれない。

自分が幸せになっていけば、それとともに周りの人にも与えられると思うし、

周りの人が自分とともに、幸せになっていけば、自分も分け与えられるはずです。

 

 

話が変わりますが、これから先も自分のが決まるとは思えません。

なぜなら、自分のやりたいことを一つに絞れないからです。

海外で働いてみたいし、一応法学部なので、そっち方面の仕事もしたいし、研究もしてみたいなどきりがありません。

将来、自分が何をしても困らないように、今現在を後悔しないように生きていくことが当面の目標です!

さっき挙げた二つの指針と自分がやりたいこと、どっちも捨てることなく、今という時間も無駄にすることないようにする。

 

夢が具体的に決まっていることは確かに素晴らしいことだと思いますが、それがすべてではないと思います。

単純に自分みたいに、こうなりたいやみんなをこうしたいと思えるだけでも十分だと思っています。

というのは将来に向けての指針にすぎません。

大切なのは「」です。

」どうするかで、未来も変わります。

」という時間に自分のやりたいことややるべきことをしなければ、将来後悔することになります。

なので、今やっていることは必ずやりきりましょう。

それが、将来の自分のためになるはずですから。

最後に、ニーチェも言葉を借りるならば、

‘‘Die Zukunft beeinflusst die Gegenwart genauso wie die Vergangenheit.‘‘

ちなみに、ドイツ語なので、意味を知りたければ聞きに来てください!

受験も最後まで必ずやり切りましょう!

頑張れ松戸校!

 

 

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼▽