11月 | 2019 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 30日 記述力を強化せよ!

こんにちは!担任助手の中山です!

明日から12が始まりますね!受験生の皆さんはもう少しで

二次・私大対策からセンター対策に移る時期が来ます。

二次私大対策だけに集中するのも一旦ラストスパートです!

二次私大の問題というとセンターのようにマークではなく

記述させるものも多いのではないかと思います。

記述するとなると少なからず嫌だなという気持ちを抱く人も

多いのではないでしょうか?

しかし、

記述することこそ様々な問題

解答する力をつける一番の近道です!

その理由はズバリ記憶に残りやすいからです!

マーク式では選択肢を読んで答えるだけですが、

記述式では自分で答えを文章にするので

より深い思考力や理解力が必要になります。

また実際に書くときに手を動かすことはただ目で読むだけ

よりも脳がより刺激されます!

その結果記憶に残りやすいのです!

受験生の皆さんはもう一度記述することの意味を

再確認してくれたらうれしいです!

いま、高12生である皆さんも来年度から始まる

大学入学共通テストで記述式の問題が出るので

今のうちから答えを書き出すことを惜しまずにやりましょう!!!

頑張れ松戸校!!!

週二回行っている数学演習会で演習を頑張っているM・Nさんです!

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓

2019年 11月 28日 低学年から勉強することについて

こんにちは!萩田です。

急に冷え込み受験の季節がやってきたなあと感じます。

今日は低学年から受験勉強を始めることが如何に最強であるかについて話していきたいと思います。

受験生はいま第一志望合格のためにいま死にもの狂いで勉強しているわけですが、

かつて受験生だった時の僕を含め、受験生たちが口をそろえて言うことがあります。

それは「今から勉強してればどこでも受かる」ということです。

本当に誰でもどこへでも受かるとまでは言いませんが、

ほとんどの人は今からじゃもう遅いということや、

もう無理だということはないと思います。

受験生たちは受験が近づいて焦ってこういっているというだけではなく、

皆が口をそろえてこういうのにはわけがあります。

受験期になると、自分の行きたい大学についてや、自分のやらなきゃいけない課題についてより考え、

より勉強する時間を増やすようになります。そうして受験に対しての本気度が増していくにしたがって、

自ずと点数は上がります。期間はさほど関係ありません。

自分がいかに本気で受験に向かい考えてるかによって点数がすぐに伸びていきます。

それが受験生が口を揃えて低学年からの勉強が最強であることを言う理由です。

実際にぼくも、指定校推薦におち、真剣に受験勉強に向かうようになるようになり、

2ヶ月で英語は10点近く、日本史は30点近く上がりました。

つまり、時期は関係ありません。

早く本気になった人から受かる確率は上がっていき、

早く始めた人から選択肢は広がっていきます。

低学年の皆さん、変わるなら早い方がいいです。行ってみたい大学でいいんです。

すぐに始めましょう!

計画の立て方や勉強の仕方は過去にたくさん

紹介していますのでぜひ参考にしてください!

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓

2019年 11月 27日 自習室を使うメリットとは?

こんにちは

担任助手の小森大世です。

 

もう11月も終わってしまいますね。

11月にやり残したことはありませんか?

もしある人は、やり切れるように再計画していきましょう!

 

さて今日は、皆さんに聞きたいことがあります!

 

みなさんは自習室を使ったことがありますか?

自習室を使うメリットはたくさんあります!

 

一つ目は、入試本番と同じ環境で勉強することができます

入試本番パソコン教室のような周りが囲まれた空間ではなく、周りに生徒がたくさんいる状況です

そのような状況に慣れるために、普段から自習室で勉強することが必要となります。

 

二つ目は、場所を変えることで、再集中することができます!

ずっと、同じ場所で勉強していると、集中力は切れてきます。

A教室で勉強していて、集中力が切れた場合は、B教室に移動すると、リセットされ、もう一度集中しなおすことができます。

 

三つ目は、音読をすることができます。

効率の良い勉強方法の一つに音読があります。

パソコンルームでは、音読することはできませんが、

東進ハイスクールにはリーディングルームというものがあります。

音読は人間の眼だけで情報を記憶するだけではなく、聴覚も活用して記憶することができます。

こうしたメリットがあるため、受講しないときなどは、自習室で勉強してみましょう!

頑張れ松戸校!!

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓

2019年 11月 26日 無駄な時間を作らないためには?

こんにちは!

担任助手2年の渡邊です!

12月が近付いてきましたね。

最近大学ではゼミ選びの時期が始まって、

ゼミの説明会に今日から行きます!

どのゼミに入るか、迷う!!

ゼミ選考には、教授との面接などもあります。

大学生は暇だと思われがちですが、

いろいろやらなければいけないことがあるんですね。

そんな時、毎回思うのが

「無駄な事してる時間減らしたいなあ。」

ということです。

皆さんも受験勉強している時感じたことはありませんか?

気付いたらぼーっとしていて時間が過ぎていたりとか、

ごはんをゆっくり食べ過ぎて気づいたら時間が経っていたとか。

思い当たることはあると思います。

 

センターまであと53日です。

皆さんは今やりたいことがすべてできていますか?

第一志望に合格するためにやれることはすべてやりたいですよね。

出来ていないとしたら、すべてをやるためには、

①今やっているものの時間を削る

②勉強していない時間を勉強に使う

のどちらかしかないです!

しかし①はすでにやっている事がおろそかになるのであまりやりたくありません…

そこで②をできるようにするためにはどんな工夫ができるか、今回は考えてみました!

 

1.スキマ時間にやることをあらかじめ決めておく

無駄な時間の代表がスキマ時間ですよね!

皆さんはどこまでがスキマ時間だと思っていますか?

電車に乗っている間とか、休み時間はスキマ時間だと思う人も

多いとは思います。

それでは、エレベーターの中はどうですか?

そんな時間じゃなにもできないと思いますか?

いや、出来ます!!!

皆さんの周りにはこんな見落としがちなスキマ時間が転がっています!

ただ短時間なので何をするか悩む時間はありません!

皆さんはその時間でやっておくことを決めておく必要があります!

英単語や、古文単語などでいいと思います!

一単語でも多く覚えられるように常に手に持っておきましょう!

 

2.計画を立てる

無駄な時間ができる一つの原因は、

自分が何をどれくらいやればいいか、

そのためにどれくらい時間が必要なのか

がわかっていないことです!

自分に今何がどれくらい必要なのかわかっていないと、

何をやるべきか迷い

またどれくらい時間が必要かもわかっていないので

つい時間を無駄にしてしまいます!

しかし!

これらはすべて計画をしっかり立てることで解決できます!

上に書いた悩みが明確になり、

時間を無駄にすることがなくなります!

また、受験本番までに思ったより時間がないことも実感できるはずです!

それを知ったら無駄な時間を過ごしてはいられないはず!!

 

 

上の2人は無駄な時間が減るようにテキストを持って移動していました!!

 

皆さん、最大限の努力で受験本番まで走り抜けましょう!

頑張れ松戸校!

 

 

 

 

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓

2019年 11月 25日 毎日マスターをやるのはなぜ?

こんにちは!三枝です!

最近とても寒くなってきて、

ついに三枝家にはストーブが召喚されました。

友達には早すぎと言われますが、もう耐えられません。

 

さて、そんな寒がりな人もストーブの前でもどこでも簡単にできること、

それは高速マスターですね!!!

高1.2年生のみなさん、高速マスターはきちんと完全修得まで

到達していますか?

修了判定テストに2回合格しないと、完修にはなりません。

マスターは、これから入試に向けて様々な問題を解いたりする上で

一番大切な基礎の部分を補う重要なものなので、

早めに完修できるように努力していきましょう!

 

ではマスターをやる上で1番大切なことは何だと思いますか?

それはとにかく毎日やること!!

シンプルですがこれが1番大事です。

なぜかというと、単語や熟語は単純な足し算だからです。

どういうことか説明します。

たとえば、英会話やリスニングなどの学習を10日間毎日続けたとしても

必ずしも10段階実力がプラスされるとは限りません。

しかし、単語や熟語は10日間毎日続ければ、

かならずその分知識が身につきます

たとえ暗記が苦手だとしても、1つも新しい単語を覚えられない

とは考えにくいですよね。

毎日続けることで着実に力をつけることができる

このように単語や熟語は単純な足し算なのです。

つまり毎日やらない理由がありません!!

私も東進に通っていたときは、3年生になっても

毎日必ずマスターを最低でも100問はやっていました。

マスターを続けたおかげで、本番で良い点数を取ることができたと

思っています。

みなさんもまずは完全修得を目指し、そしてもうすでに終わっている人も、

毎日マスターを継続して努力していきましょう!

頑張れ松戸校!!

 

 

今回の冬期特別招待講習を活用して、

受験勉強を始めるきっかけを一緒に作りましょう!

申し込みはコチラをクリック!!

↓ ↓ ↓