8月 | 2019 | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ 2019年08月の記事一覧

2019年 8月 8日 ~担任助手の夢・志~ 岩本紗佳編

こんにちは

担任助手2年の岩本です。

やっと大学の夏休みに入って1週間が経ち、やりたいことが沢山あって時間が無いなと思っています。

受験生の皆さんも時間が無いなと感じている頃ではないでしょうか?

そんな時は一回やらなければならないことを全部書きだして優先順位を付けしっかり計画を立てて行動していきましょう!

さて、今日も昨日に引き続き担任助手の夢・志シリーズについて書いていきたいと思います!

私の将来の夢は警察官です!また、それも地方公務員ではなく、国家公務員であるスペシャリストと言われる人たちです!

スペシャリスト?何それ?と思った方もいるとは思うのですが、簡単に言えば現場での問題点を探しそれの解決方法を考えていく立場の人たちです。

もともとテレビドラマの「相棒」という番組を小学生のころから見ていて警察と言う職業がかっこいいと思い目指し始めました。

他の担任助手のように人々のためにというよりかは自分が一番興味を持ったものを選んだという感じですが、その職業を決めたことによって「国民が安心安全に暮らせる街を作りたい」「再犯率を減らせるような取り組みをしたい」と考えるようになりました。

やはりそのためにはただ現場にいるよりは将来現場の指揮を取れるような人になってどんどん国を安全安心にしていく必要があるなと感じ現場の改善などの施策をできるスペシャリストというものがいいなと考えました。

将来についてじっくり考えられるのは進路を決める前の高校生の時期だと思います!

大学生になっても決められはするのですが、やはり学部によってはもう選択肢が狭まってしまうこともあります。

だから今じっくり考えて将来後悔の無い選択をしてください!

頑張れ松戸校!

 

 

2019年 8月 7日 ~担任助手の夢・志~稲垣太郎編~

皆さんこんにちは稲垣太郎です 

久しぶりの登場です。

とうとうこのシリーズも僕の番がやってきましたね。

そんな僕にも夢というには大袈裟かもしれませんが

生きる上で大事にしていきたいということはあります。

それは「誰かの役に立ちたい」ということと、

「自分に挑戦し続けたい」ということです。

僕は生きるうえで、「他人から認められる」

ということが自分の中でかなり優先度が高いものとしておかれています

そのため、この仕事もそうですが、人のために何か頑張るということが

僕はとても好きです。

そして僕は「何かを諦める」ということがとても嫌いです。

なのでどんな時も自分で自分の限界を決めたりせず今まで生きてきました。

そんな僕は将来弁護士になることを目指しています。

もちろん、資格を取るためにしなくてはいけない勉強量も並大抵のものではなく

狭き門ですが、法律という専門知識を使って誰かの役に立つために、

そして自分へ挑戦し続けるためにもこれからも諦めず頑張っていきたいです。

しかし、僕の夢は弁護士では終わりません。

弁護士になった後も、その職を捨ててまでやりたいこと、成し遂げたいこと

僕にはたくさんあります。

ここで話すと長くなるので割愛しますが

皆さんもどんな小さいことでも常に目標も持つようにしましょう。

それでは良き人生を!

夢に向かって今日も頑張るK・Eさんとともに

 

 

 

2019年 8月 6日 ~担任助手の夢・志~ 中山裕貴編

こんにちは!担任助手の中山です!

本日も昨日に引き続き担任助手の夢・志

ついてお話ししたいと思います。

僕は昔からものづくりが好きで、図工や美術の授業で

何かを創り出すのが好きでした。

高校生になって自分の将来を本格的に考えた時に、

将来好きなことを仕事にしたい

と思うようになり、さらに

自分が好きなことで人を

幸せにできたらもっといい

のではないかと思うようになりました。

そして、模型作りをすることや家の持つあたたかみの

ある空間が好きだったことから建築を選びました。

ということで今の僕の夢は一級建築士になり、

人々の人間関係がプラスの方向へ発展していくような

交流の場を自分で作ることです!

そのために今は意匠や構造など建築の様々な分野を

大学で学び、建築に対する様々な見方を養っていきたい

と思っています。

まだ将来について決まっていない皆さん!

夢や志は小さなきっかけで見つかることもあります。

気になったことは小さなことでもどんどん調べて

考えの幅を広げましょう!

夢や目標の決まっている皆さんは計画が大事です!

早いうちから先を見据えて行動しましょう!

頑張れ松戸校!!!

 

 

 

 

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼▽

 

2019年 8月 5日 ~担任助手の夢・志~ 濵中真凜編

 

 

こんにちは!

担任助手の濵中真凜です

8月に入って更に気温が上がってきましたね…!

塾に登下校するだけでも暑いので

みなさん水分補給をしっかりして倒れないようにしてくださいね!

さて、今日は私の将来の夢について話したいと思います。

と言っても、まだぼんやりとしか決まってないのですが、

私が将来の夢を見つけたきっかけは

自分の好きなものを見つけたこと」です。

もともと音楽やテニス、ゲームなど

好きなことが沢山あったのですが、その中で

ずっと続けたいことは何かと考えた時に出てきたのが

英語を使って仕事をしたいという気持ちと

コスメ(化粧品)に携わった仕事をしたいという気持ちがありました。

大学を卒業して就職すれば、生活の中心は仕事になります。

どうせ働くなら好きなことをして働きたいと思っていたので

将来の夢から逆算して良い環境で

英語の勉強ができる大学に入学しました。

私の将来の夢を見つけるきっかけは、

人の為になる仕事をしたいとか

人を笑顔にしたいという気持ちから

を見つけたわけではありませんが

自分の好きな仕事をして、

結果誰かが幸せになれたら良いなと思っています!

いま、夢を見つけられていない人も

たくさんいると思います。

自分の好きな事をどうやったら将来の夢に繋げられるか

勉強の合間にでも考えてみても良いと思います!

夢を見つけて勉強のモチベーションをあげよう!

頑張れ松戸校!

 

 

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼▽

 

2019年 8月 4日 ~担任助手の夢・志~ 飯塚友香編

こんにちは!担任助手2年の飯塚友香です。

皆さんはすでに8月になりましたが夏休みを充実して過ごせていますか?

私は一昨日ようやく大学のテストが終わり夏休みを迎えることができました!

さて、松戸校では担任助手の夢・志を日替わりで語ってくれてますね!

本日は私の番ということで、私の将来の夢について話したいと思います。

私は小学校6年生の頃から抱いてる将来の夢があります。

それは「公務員」になることです。

公務員と聞いて、

安定してるから?楽だから?と、感じる人もいるかもしれません。

私は、そういう目的で公務員を目指していません。

私が公務員を目指そうとしたきっかけは、小学校の職場体験です。

もともと、人の役立つ仕事がしたいという気持ちがあり、松戸市役所のすぐやる課に行きました。

そこで地域住民のために働く楽しさ、やりがいを感じました。

また、中学生の時に青森でリンゴ農家を営む親せきと話す機会がありました。

その時にリンゴ農家が減っている事、このままではリンゴを育てる人がいなくなるという話を聞きました。

地方は都市部に比べて、少子高齢化や人口減少が顕著に表れます。

実際に母親の実家である青森県は、私が小学生だった頃に比べて、

高齢者の割合が増え、それに伴い人がほとんど住まない地域が目立っています。

でも、私が仮にリンゴ農家になって人が少ない町に住んだとしても根本的な問題解決にはなりません。

だから、私は地域の魅力を発信することができ、かつ地域が抱える問題に寄り添い解決に導くことができる公務員が、

自分の理想の職業に近いと思いました。

そして公務員の中でも、私は青森県庁の職員を目標にしています。

私が青森県庁にこだわる理由としては、母親の実家であるため小さい頃慣れ親しんでいる土地であること、

市役所では自分のやりたいことができる範囲が限られるが、県庁であればやりたいことができる範囲が広がるため、

やりがいを持って仕事ができると考えたからです。

私は夢を持っている人間ですが、もちろんまだ夢がない人もいます。

夢がすでにある人は、夢をまだ見つけていない人より何歩もリードしています。

夢を持っていても叶えようとする努力をしないと夢はかないません。

だからこそ、夢を叶えるための努力を惜しまないでください

逆に、夢をまだ見つけられていない人は焦って夢を見つける必要はありません

ただ、自分のことをよく知ることと、一日一日をただ何となく過ごすのではなく、

何でもいいので毎日に目標を作って過ごしてみて下さい

夢ややりたいことが見つかるきっかけは、どこかしらに転がっています。

日々の中に転がっている夢へのきっかけを拾えるような努力をする事が大切だと思います。

松戸校のみんなが、自分の将来に向かって努力することを期待しています。

 

頑張れ松戸校!

 

 

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼▽