全統まで残り3日!対策はどうする? | 東進ハイスクール 松戸校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 11月 4日 全統まで残り3日!対策はどうする?

こんにちは。担任助手1年の野村です!

かなり久しぶりの登場になります……

先日、サッカーの日本代表が発表されましたね。

自分も代表に選ばれないかと期待していたのですが、

残念ながら選ばれませんでした。次に期待です!

 

 

さて、本日は全統について話をします。

主に、以下の2つのポイントに沿って解説します。

・対策はどのようにすべきか

・なぜ今回の全統が重要なのか

 

11月6日の全統まで残り3日となりました。

最近はずっと第一志望の対策をやっていて、

共通テスト形式の演習をあまりできていない人が多いのではないでしょうか。

 

確かに、受講や単ジャン、併願の過去問などと並行して演習するのは

時間的にも優先度的にも難しいかもしれません。

ただ、残りすでに3日です。全統の対策を始めなければいけない時期です。

 

では、具体的に対策は何をすべきか。

 

一つに、今まで自分が解いた共通テストの過去問をもう一度解いてみるというものがあります。

一度解いたものをもう一回解くことで、

以前はできていたものがどれだけできなくなっているか、

また、以前はできなかったものがどれだけできるようになっているのか、が分かります。

そうすることで新たな自分の課題が浮き彫りになり、

本当に復習すべきことが分かります。

 

注意すべきこととして、今から新しい問題を解くことはあまりおすすめしません

今から新しい知識を習得して、本番に発揮するには時間があまりにも足りないのです。

それよりも、今までの自分の課題を解決するほうがよっぽど効率がいいです。

 

次に、なぜ今回の模試が重要なのか解説します。

 

結論から申し上げますと、

今回の模試は志望校決定に大きく関わるからです。

どういうことかというと、今回の模試の判定を、最終的な志望校決定の目安にします

それは第一志望校だけではなく、併願校も同じです。

ですので、今の自分と受験校との距離を測るために、安全校から挑戦校まで

満遍なくマークシートに受験校を書きましょう。

 

最後に、模試に対しての心構えのアドバイスとして、

模試で良くも悪くも一喜一憂しないでください

判定はあくまで判定です。

 

本当に確認すべきは、

どの問題で間違えたか、そしてどの大問で間違えたか、です。

 

問題ごとの正解率と自分の解答を見比べてみてください。

正解率が高いところで間違えていたら、要復習です。

また、ここは絶対落としたくないという大問で

どれだけ点数を取れたかにもこだわってください。

 

模試をただ受けたままの状態にしてしまったら、何も成果は残りません

無料の模試なのですから、知識を吸収すればするほどお得です。

ぜひ、自分のものにしていきましょう!

頑張れ松戸校!

 

 

▽▼お申込みは下のバナをクリック▼▽