新高3,2生対象 英語千題テスト1週間前です!! | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2020年 12月 23日 新高3,2生対象 英語千題テスト1週間前です!!

こんにちは!担任助手3年の酒井です!!

早くももう12月も終わりに近づいてきましたね

みなさんの学校もそろそろ冬休みに突入するのではないでしょうか?

受験生は本番直前の大詰めの時間

低学年は部活に励んだり、受験生へと行動を変化させていく時間

になっていくと思うので大事に冬休みを活用していきましょう!!

松戸校でも昨日から冬休み開館となり

8:30からの開館となりましたので

受験生、低学年のみなさんをさらに応援していきたいと思います!

 

さて、今日は「英語千題テスト」が1週間前となりましたので

そのお話をしたいと思います!

この英語千題テストには受験生対象と新高2,3生対象の

2種類があるのですが今回は12月30日の

新高2,3年生対象の千題テストに関してお知らせします!

 

そもそも英語千題テストとは何か?というところですが

これは共通テストレベルの英語の基本となる

単語・熟語・文法・長文・リスニングにおける重点事項から

応用問題までの1000題以上総復習を1日かけて行う大イベントです!

そしてその1日の演習で分の弱点の分野を一気に総ざらいし、

共通テストに向けて最後の仕上げをしていくものとなっています!

 

新高3,2生対象の千題テストでは、出題される範囲が

単語・熟語・文法までとなっています。

東進生のみなさんならおなじみの高速基礎マスター講座英語では

各分野ごと(単語や熟語、文法、例文などなど)に分かれていて、

この文法までを完全修得(十分にその分野の知識が身に付いたことを示す)した

受験生は本番のセンター試験で平均的に151.8点の点数を取っています!

文法までを完全修得した受験生が誰でも150点台を取れるということでは

ありませんが、150点台を越えてくるのは文法までしっかりと身に付いている

人のみだと思います!

今の時期からこの文法までの基礎が固まっていれば共通テスト同日体験受験での

高得点はもちろん、次の例文や長文演習に早期に入ることが出来るので

是非みなさん千題テストも1つの目標として頑張ってほしいです!

 

文法まで終わっていない人でも、その途中までの分野はしっかりと

復習させ弱点も把握し、まだ手の付けていない受験に必要な分野が

どれほどの量があるのかを体感し、英語基礎における全体図

今のうちに感じられるようになると良いと思います!!

年内最後のイベント、気を引き締めて頑張っていきましょう!!

 

来週の千題テストを受験し、冬休み開館初日から頑張っている生徒を紹介します!!

頑張れ松戸校!!

 

 

 

冬期特別招待講習がスタートしました!

この冬で少しでも自分の実力を上げましょう!

申し込みの方はぜひ下のバナークリック↓↓

1日体験・個別相談・入学の申し込みを受け付けています。

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼