受験生時代に後悔していること 吉田編 | 東進ハイスクール 松戸校 大学受験の予備校・塾|千葉県

2022年 11月 28日 受験生時代に後悔していること 吉田編

こんにちは!

松戸校担任助手1年の吉田です!

 

早いものでもうあと1ヶ月でクリスマスですね

松戸駅のロータリーに

”MATSUDO”っていうライトアップされた看板がありますね

冬を一気に感じます

 

さて、つまらない前置きでした

 

もう共通テストまであと48日になりましたね

そうです、受験がほんとに近いわけです

 

ということで今回は

他の先生のブログテーマを拝借して

受験生時代に後悔していることを書きたいと思います

 

僕が後悔していることは

①慢心したこと

②対策の重きの置き方を間違えたこと

③限界まで努力しなかったこと

の3点です。

 

以下に詳しく書いていきますね

 

①慢心したこと

これは本当にありました。

メンタルが強かったのと、努力量の指標で割と上位にいたこと

過去問の点数も良かったので自信しかありませんでした。

そんな状況だったから、

いつの間にか実力よりも自信が目立ってしまったのかもしれないです。

そこで努力量の限界が決まってしまった気がします。

 

②対策の重きの置き方を間違えたこと

僕が受験で成し遂げたかった目標は

「受験校全勝、早稲田全勝」でした。

普通は「第一志望校に受かる」なのかもしれませんが、

なんだか全勝したかったので

受験校全ての対策をしていました。

早稲田だったら5学部対策したし、

併願校も全て過去問を解きました。

もう少し焦点を絞った方が良かったかもしれないです。

 

③限界まで努力しなかったこと

これが一番今となって思うことです

当時の僕は塾で一切寝たり休憩しない代わりに

1日8時間は寝ていた気がします。

そのスタイルで勉強すると

塾で沢山やった気になるため

家ではあまり勉強していませんでした。

でも今考えると、

もっとやれる時間も勉強内容もあったから

倒れるまで努力しておけば良かったなぁと思います。

 

 

ブログの内容重っっ!!と思いましたが

これが正直なところです

 

みなさんも

「もし明日が受験だとしたら、何が理由で落ちるだろう?」

逆に、

「もし明日受かるとしたら、何点とって受かるだろう?」

とかいろいろ考えて、

受験後に納得のいくように、

後悔をしないように、

残りの数十日、努力し続けましょう

 

頑張れ松戸校!!

▽▼お申込みは下のバナをクリック▼▽