夏休みが明けて | 東進ハイスクール 松戸校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2021年 9月 5日 夏休みが明けて

夏休み、終わってしまいましたね。

なかにはまだ夏休みが続いていたりコロナの影響で登校が制限されていたりする学校もあるみたいですが。

夏休みなんて中高生にとっては一番長い休暇になるわけですからそれが終わるとなると

「あー、ついに学校が始まってしまう…」

なんて憂鬱な思いをかかえている人も多いのではないでしょうか。

受験生に関しては受験の天王山なんて言われる期間が終わってしまったわけです。

早いですね。半年後には大半の受験生がもう受験を終えています。

学校が始まると夏休みのときみたいに勉強時間を長くとるなんてことは難しくなってしまいます。

やりたいことが終わらない!なんて焦ることも多々あるかもしれません。

これからは特に計画性が大事になってきます。

今の自分は何をやるべきなのか、1つ1つ整理してやるべきことをこなしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか??

もうすでに真面目なブログという感じがしますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうでもない??

本題を最初に持ってくることで真面目感を演出しようとしてみました。

最近ワクチンの副反応のおかげで布団の中で喚いていた2年生の前田がお送りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、楽勝って思っていたんですよ。

不安はありました。まだ開発されて間もないワクチンですから、何が起こるかわからないと。

それで周りの友達に聞いてみたんですね。

そしたら

「1回目はあんぱい(=余裕)」

「何も起こらなかった」

「まじ腕痛いだけ」

「ほぼインフルの予防接種」

なんて言うので僕もあんぱいあんぱい♪なんて思いながらワクチンを打ったわけですよ。

打った直後に友達にLINEで「多分余裕だわ」なんて送ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラグってこうやって回収されていくんですね。

翌日見事にすさまじい頭痛と意味の分からない脇腹上の痛み、39度近くの高熱を記録しました。

個人的にはニュースでいう未曾有の事態ってやつでした。

「多分余裕だわ」って言ってた自分をぶん殴りに行きたい気分でした。

ワクチンにはファイザーとモデルナがありますが、僕はモデルナを接種しました。

一般的にはモデルナの方が副反応が強く出るみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、2回目打ちたくないよねぇ。

いや、打つけどさ。

2回目の方が苦しいってよく聞くじゃないですか。

結構きつかったんですよ1回目で。

え、あれ以上がやってくるの??と考えたらだいぶ鬱ですよね。

コロナにかかるよりはましなんだと受け入れるしかないのでしょうが、

高確率で体調不良になるワクチンもちょっときついものがあります。

あと抗体っていつまで持つんですかね。

毎年ワクチン打たなきゃいけないとかになったりしないですかね。

恐ろしいんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとウイルス無駄に優秀ですよね。

なんですか変異種って。

そんな臨機応変に対応しなくていいのに。

その対応力分けてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、路線を戻しまして。

これから成績が伸びなかったりして苦しい思いをする人もいるかもしれません。

前にも書いた気がしますが、そして僕が先生から聞いた言葉の受け売りなのですが、

人間うまくいっているときは基本なんでも調子いいです。

当たり前ですね。

うまくいかなかったり頑張れない時の方が、頑張れているときよりも数倍しんどい。

ただ受験生で上手くいかない人なんて少数派ですから。

みんな苦しいはずです。

周りの友達にはたまたま上手くいっている人ばっかりが集まっているかもしれません。

ただ受験で戦う相手はもっと大人数です。

みんな苦しいのが一緒なら粘ったもん勝ちです。

あとちょっとだけ粘ってみましょう。

ずっと苦しいわけじゃないですから。

ゴールは見えてます。

頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S 経済学部への内定が決まりました。

 

頑張れ松戸校!!

 

 

▽▼お申込みは下のバナをクリック▼