共通テストを受けた後の行動について | 東進ハイスクール松戸校|千葉県

ブログ

2021年 1月 20日 共通テストを受けた後の行動について

こんにちは、一年の小澤です。

3日前は共通テストでしたね。

結果が良かった時とも振るわなかった人もいると思いますが、まだ受験が残っているという生徒はしっかり切り替えて、悔いのない受験で終わらせてほしいと思っています。

努力すれば必ず結果がついてくると信じて最後までもがき続けていきましょう!

 

本日は受験生以外の現高校1、2生に対して少しお話したいと思います。

今回初めて共通テスト同日に受験した生徒もいるかと思います。

みなさん、どう感じましたか?

自分が思っている結果が出たでしょうか?

多くの生徒はこの問題を1、2年後解かないといけないのかと思う生徒もいたと思います。

当然のことですが課題が見つからなかったという生徒はいないと思います。

この同日受験によって焦りが出た、やる気になったという生徒はどれほどいるでしょうか?

まだ一年自分に残っているから今回はいいやと軽く受け流していないでしょうか?

共通テスト同日受験は普段の模試と格段に重みが違います。

模試は単なる予想問題であり、ほかの生徒の学力をはかるものですが、今回は一発勝負の問題でこれ次第で今後を左右される生徒もいます。

それをみなさんは受験生と時間は違いますが、同じ日に受験したのです。

なので、みなさんは受験生になってこの日を迎えるにあたって何点とるべきなのか、そのために何をするべきなのかしっかり考えてほしいと思います。

みなさんはこの受験に向けて目標を立てて臨んだと思います。

その目標と結果のギャップはどれほどだったでしょうか?

その際に確認してほしいのが取れる問題を落としていないかです。

計算ミスしたと笑う生徒がいますが計算ミスが本番の時に起こったらはたして笑っていられるでしょうか?

極論、合格してしまえば笑い話にできます。

ミスしたことが分かったら絶対に後悔するはずです。

本番ではしないようにしっかり日ごろから計算ミスをしないように心掛けながら演習していくといいと思います。

この受験をしっかり生かすために、まずは自分がミスしたところを把握して、次にどういった勉強をしていかなければいけないのかしっかり方針を決めて取り掛かるようにしましょう!

 

 

1日体験・個別相談・入学の申し込みを受け付けています。

▽▼お申込みは下のバナーをクリック▼